面接に落ちたからといってショックを受ける必要はない。不合格やお祈りをされてつらい人へ

また面接に落ちた

就職でも転職でも、面接に落ちてしまえばかなりのショックを受ける人がほとんどでしょう。

  • 自分に魅力がないのかもしれない
  • 自分に何か重大な問題があるのかも
  • 自分はどの会社からも必要とされていないのでは

 

と、自分を責めたくなってしまいますよね。

結論から言えば、面接に落ちた事で落ち込む必要は全くありません。

 

 

面接で落とされたとしても、人間性が否定されているわけではない

面接というものは自分をアピールする場ですから、そこで不採用のお祈りメールが送られてくれば誰でも多少はヘコみます。

やる気を失ったり、自暴自棄になったり、悲観的になったり。

 

ですが、面接というごく短時間の場であなたを正当に評価することなんで出来るでしょうか?

 

たかが30分〜1時間程度の時間でその人の能力や人間性、性格や素質なんかを判別出来るわけがないんですよ。

つまり、あなたが面接に落ちてしまったのは決してあなたに何か問題があるわけではなく、単なる企業のミスマッチであったり、面接官が無能だったり、あなたが上手くアピール出来なかっただけに過ぎません。

 

決して、あなたという人間が否定されているわけではないんですよ。

 

面接官も人間であり、短時間で正当な評価を下すことは不可能

面接官も人間ですから、その人を短時間で正当に評価することはまず不可能です。

それに人というものは好き嫌いや相性もあるため、「その日あなたの面接を担当する人がもし別の人だったら受かっていた」なんてことも普通に起こり得ることなんですよ。

 

それくらい人が人を評価する基準なんて曖昧なもので、人それぞれ基準すら違っています。

 

面接官の個人的な好みで合否を決めることも普通にあり、「なんか気に入らないから不採用」なんてことも日常茶飯事。

 

そう、面接官だって私たちと同じ「ただの一般人」なんですよ。

いくら沢山の人を見てきていようが、私たちと同じ人間です。

面接のプロだろうがなんだろうが、そんな短時間で完璧に人を判断することなんて不可能です。

 

ですから、面接に落ちたくらいで落ち込む必要なんて全く無いんですよ。

 

面接で落とされたら、「見る目のない会社だったな」と思うくらいでいい

面接に落ちてしまったのであれば、もういっそのこと「自分を落とすなんて、見る目がない会社だな」と思うくらいでいいんじゃないかと思います。

面接なんてただの「応募者」と「企業側」のマッチングでしかありませんし、あくまで対等な立場なんですよ。

 

会社にも合う合わないがありますし、むしろ落ちて良かったのかもしれません。

面接官としても「この人はちょっとウチには合わないな」と思ったから落としたわけで、逆にもし受かっていればあなたは自分に合わない会社で働くことになっていたかもしれないんです

 

それでも、「立ち直れないくらいショック」というのであれば、こう考えてみましょう。

 

「ドン底を経験したから、これ以上落ちることはない」と。

 

面接で落ちてしまったからこそ、今までに経験したことの無いような感情を知ることも出来たわけですし、また1つ経験値が増えたとも言えるのではないでしょうか。

 

ここは割り切って、気持ちを切り替えていきましょう!

 

面接に落ちて自暴自棄にならないように注意

面接に落ち続けていると自暴自棄になり、手当たり次第に企業へ応募し始める人もいますが、これはやめておいた方がいいです。

同じ業界に手当たり次第にエントリーするならまだしも、色々な業界に何百社も応募してしまうと後で振り返って反省する時に改善点が見えなくなってしまいます。

それに一貫性が無くなれば志望動機や自己PRも支離滅裂となってしまい、面接の際に説得力がなくなる危険性があります。

 

さらに怖いのが、手当たり次第(適当)に会社へ応募した結果自分に合わない会社に入ってしまい、結局すぐに辞めてしまった・・・なんてことにもなりかねません。

そうなればまた、別の会社の面接しなければならなくなってしまいます。

 

何事も自暴自棄になればただ自分の首を絞めるだけですので、きちんと応募する企業は選んでくださいね。

 

面接で失敗した経験から学ぶことが大切。失敗の経験は人生の宝

そもそも、面接で落ちることって悪いことなのでしょうか?

逆に考えれば、面接に落ちるという貴重な経験が出来ているわけですから、「人生経験が増えた!」とも言えますね。

 

成功体験よりも失敗経験の方が宝だと言われるくらい、失敗した過去の経験は貴重なものです。

 

というのも、人間って失敗した経験からの方が多くのことを学べるものなんですよ。

 

例えばネットで面接の成功体験を調べたところで、それが全部の会社に通用するとは限りません。

「面接で自己PRをめっちゃ詳しく語ったら受かりました!」と書いてあったとしても、別の会社では「なんか自己主張しすぎで協調性がなさそう」と落とされることだって普通にあります。

ですが失敗談であれば大抵は普遍的なものであり、多くの会社で生きてくるものです。

例を挙げると、「志望動機が曖昧な状態なまま面接に行ってしまい、上手く話せず頭が真っ白になって落とされてしまった」などであればどの会社の面接でも活かせる反省点ですよね。

 

つまり「やってはいけないこと」を蓄積していくということは会社の面接だけにとどまらず人生においても、有利に進めていくために重要なことなんです。

もちろん失敗談も状況が変われば逆に高評価という場合もなくはないですが、そういった例外は成功体験と比べれば少ないです。

要は、成功体験は狭く、失敗談は広く活きてくるということ。

 

面接で落ちた場合、大事なのはそこから何を学びどう改善していくかです。

より自分をアピール出来るように、そして出来るだけ合格の確率が高くなるように改善していくことは当然やっていかなければならないこと。

その時に「面接で落ちたという経験」があなたの力になってくれるはず。

 

たくさん失敗して、そこからたくさんの経験(宝)を得ていきましょう。

 

失敗から学ばなければ、それはただの思い出に成り下がる

上記にも書いたように、何十社も面接に落ちてしまっている場合はきちんと原因を分析出来ていない可能性があります。

失敗の経験は宝ですが、そこから学べなければ「ただの思い出」になってしまいます。

自分の何がいけなかったのかを分析し、次に活かすようにしましょう。

そのためには、エージェントを活用してしっかりとした面接対策を行うのが一番の解決策です。

エージェントは、あなたの志望動機や自己PRを評価し、受ける会社によってどう修正すればいいのかを教えてくれます。

実践的な面接形式の練習も行なってくれますし、「自分のどこが悪かったのか?」ということが全て分かります

求人を出している会社が費用を負担しているため、利用するあたって料金は一切かかりません。

やはり失敗というのは自分1人で分析してもどうしても限界がありますが、エージェントという第三者のプロの目線から分析してもらえば自分でも気が付かなかった反省点が見つかります。

面接を成功させたい!というのであれば、まずエージェントを活用しましょう。

 

エージェントを選ぶ基準としては業界最大手であるべきで、

新卒の就活であれば、

 

既卒の就活であれば、

 

転職であれば、

 

を使えば間違いありません。

面接を通過し内定をもらえる確率が飛躍的にアップしますし、就職活動や転職活動自体も1人で頑張るよりグッと楽になりますよ。

 

関連記事

▼面接で緊張しない方法については下記記事を参考にしてください。

 

▼就活で内定がなかなか決まらない人へ。

 

▼就職の面接では失敗談を取り入れるべき理由。

 

▼転職の面接で過去の経験と実績を聞かれた際の対処法についてです。

 

▼入社前にそこがブラック企業かどうかを見分ける方法。