奨学金がつらい。社会人になって分かった毎月返済の大変さ。ただの借金と同じでかなりきつい

私は今社会人で、毎月奨学金を返済しています。

その額2万3千円。

毎月のこの額が吹っ飛んで行きます。

兄なんか大学院に行ったため毎月4万円ですよ4万円!

 

私と同じように奨学金を返している人なら身にしみて感じていると思いますが、毎月固定で飛んでいく出費ってものすごく痛いです。

 

もし今借りている最中の大学生は数年後わが身に降りかかることに震えてください。

 

 

奨学金とかいうただの借金

奨学金と言えば聞こえはいいですが、その実態は借金となんら変わりはありません

強いて言えば金利が低いことくらいでしょうか。

 

私は2万3千円、毎月飛んでいきます。

 

これが本当に痛い。

 

毎月の給料が手取り16万円ほど(クッソ安い)で、そこから家賃、食費、光熱費、通信費・・・そして奨学金。

16万円から家賃6万を引いて残り10万円。

食費3万円を引いて残り7万円。

光熱費、通信費を引いて残り5万円。

ここから奨学金を引くと、残り2万7千円。

 

毎月残るお金が2万3千円・・・。あまりにも少ない!

ここからさらに交際費や生活用品や消耗品で飛んでいくと考えたらもう余裕がないです。

 

 

私は大学時代に毎月11万ほど借りていて、総額で700万円ほどになります。(利息含む)

大学卒業と同時に700万円の借金を背負ったんです。

 

700万ですよ、700万。まじ勘弁してほしいです。

 

借金を子に背負わせた自覚なし

しかし、両親には子供に借金を背負わせたという自覚がないようです。

 

私が「700万円の借金つらい」とこぼすと

『え!?!?借金したの!?!?!?』

といった感じでとても驚かれました。

「奨学金だよ」と返すと、

『なーんだ、奨学金ね(ハナホジ)』

 

奨学金を、借金以外の何かだと思っているのでしょうかね?

 

通信費とかと同類の毎月の固定費的な感じで捉えているのかもしれません。

でもね、滞納すると延滞金のプラスや財産の差し押さえなど、実態は金利が安いだけのただの借金ですよね。

まずそこを理解して欲しかった。

 

しかし、この年まで育ててきてくれた親には本当に感謝しています。五体満足ですし大きな病気もしていません。

ですが莫大な借金を背負ってマイナスからの社会人スタートです。

ハンディキャップがでかい。

 

私この1年間必死になって節約して、それでやっと50万というはした金を貯金したんですよ。

それでも、総額700万という借金を見てあまりにもちっぽけだったと実感しました。

それと同時に、「これから先何十年もかからないと完済できないんだ」と絶望しましたね。

 

もちろん、親は奨学金を子供への投資だと思って借りたであろうことは分かっています。

ですが、今の時代、大学は行って当たり前。そんな世の中です。皆が大学へ行く時代。

なのにその金額を子供である私に背負わされ、私は大衆と比べマイナスからのスタートとなりました。

 

とはいうものの、裏を返せば行って当たり前の時代だからこそ大学に行かなければ就職は厳しい世の中です。

 

奨学金を背負いましたが、大学に行かせてもらえたのは幸せな事、なんですよね。

 

何も知らずにサインした

私が高校生だった時、親に言われるがまま奨学金の書類にサインしました。

この時は本当に言われるがままで、『奨学金の書類書いといて〜』くらいのノリで言われ、何も考えずに書きました。まさか大学卒業と同時に莫大な借金を抱えることになるとも知らずに。

 

借金して大学に通っていたという自覚がなかった私は、授業もほどほどに出て、そこそこにサークル活動をし、バイトもやり、そつなく卒業。

そしてなんとなく合同企業説明会に参加した企業に就職(特定派遣)といった、あまりにも周りに流された大学生活を送ってしまいました。

 

自分が700万という金を借りて大学に通っているという自覚があれば、授業も真面目に受け、それ関連の企業に就職するべく就職活動も本気でやったでしょう。(多分)

たらればの話をしても仕方がないですが、せめて親には、”借金を背負うのは親ではなく私”という事実を教えて欲しかったです。

 

と、色々考えましたが、

結局は「自分で調べようともしなかった私がアホ」という結論に落ち着きました。

 

まとめ

結局奨学金は仕方ないと諦め、どうすれば早く返済出来るかだけを考えていこうと思います。

まずはこのマイナスからゼロまで行かなければなりませんね。

少しでも節約をし、収入を上げる努力をするしかないと思いました。

早めに返済していけば利息分が減るので、出来るだけ早く返して行きたいですね。

 

私みたいに多額の奨学金を返済しなければならない人って今の世の中に結構多いみたいです。

それだけ親が払えなくなってきているのか、大学に行くようになったのはここ数十年からだからなのかはわかりませんが、本当に返済は辛いですよね。

奨学金のせいで生活が困窮しているという人もいるみたいです。

毎月数万円の固定費はやっぱり痛い。

 

「奨学金返済のために頑張る」という行動するための燃料として前向きに頑張りましょう!