会社の食堂でクチャラーと遭遇した話。隣に座ってきてクチャクチャ食べ始めるのはやめていただきたい

私の職場でついにクチャラーと遭遇してしまいました。

 

待ちに待ったお昼休憩、私は一人でゆっくり味わって食べるのが好きなので窓の前のカウンター席で外を眺めながら昼食を楽しんでいたんですよ。

しばらくその時間を謳歌していると、隣に中年男性が座ってきました。

会社の食堂は割と席が多く、部署によりお昼休みもずれているため席が埋まることはありません。

 

割とゆったりしている中でなぜか隣に座ってきたこの男性。

なぜわざわざ?と思いましたがまあ特に気にすることもなく食事を続ける私。

 

 

・・・くっちゃくっちゃくっちゃ

 

 

クチャラーだ!!!

 

私の優雅なお昼ご飯タイム終了のお知らせ。

 

隣から聞こえてくるのは食べ物と唾液が絡み合った不快な音。

図太い人なら席を移動するのでしょうが、まだ食べかけの状態で席移動ってあからさますぎて私にはできませんでした。

 

ただ、ひたすらクチャラーの発するBGMに耐えなければいけない拷問が始まりました。

 

私の食欲はすでにゼロ。

食べ物を口に入れる気にもなりません。

 

しかし、このままではクチャクチャビートを聞き続けなければならないし、せっかくのお昼ご飯を残して捨てることもできない。

 

もうやる事と言えばただ無心でひたすら残りの食べ物を胃の中に流し込み、席を後にすることだけです。

 

隣に誰が座ってくるかの運ゲー

たまーにあるんですよねこういうの。向こうから近くに座ってきて不快な音を立ててくる人間。

新手のテロですか?北朝鮮のミサイルかよお前。

 

ってか他に席あるでしょう!?嫌がらせなの?不快にさせてやろう的な?

 

自分が最初に座るときは、周りに人がいない場所とか自分で選べるんですが、その後に誰が近くに座ってくるかは分からないし完全に運ですよね。

 

食べ始めた途端にクチャラーが近くに座ってきたことは何度もあるんですが、本当に不快です。

本人は気付いていないんでしょうか。

 

ここが会社じゃなければ、イヤホンしたり対処できるのですが・・・。

 

私はこういう自分でコントロールできない状況が本当に嫌いなんですよね。

他人を変えることはできないし、そもそも話したことがない人だし、会社ではイヤホン出来ないから自衛もできない

休息の時間がストレスフルの拷問タイムに変わる瞬間です。

 

クチャラーだけでなく、数人で座ってきて大声で喋りながら食べる奴とかも嫌いですね。

でも、隣に座ってくる人を選ぶことは出来ません。

 

全国のクチャラーの人、多分私だけじゃなくて多くの人を不快にさせている自覚を持って頂きたいです。

自分が良ければ他人がどう思おうが別にかまわないという強い意志があるのならそれはそれで素晴らしいので貫いて下さい。

 

でも今まで何も考えずにクチャクチャ食べていたのなら悔い改めてどうぞ

 

近くに座ってきてクチャクチャ食べだす行為はテロですよ。