正社員なのに手取り16万円は少なすぎる。会社から搾取されていると言っても過言ではなく、今すぐ転職した方がいい

正社員なのに給料が手取り16万円

手取りで16万円というと、1年で192万円程度であり、賞与があったとしても年収が300万円にも満たない金額です。

私も以前月収16万円だったので良く分かりますが、これでは毎月をしのぐので精一杯。

貯金なんて満足に出来ませんし、こんなにも低い給料ではろくに贅沢も出来ません。

 

給料を1ヶ月に16万円程度しか支払わない会社というのは紛れもなくブラック企業であり、要は搾取されている状態だと言えます。

 

月収16万円だと毎月ほぼ全てのお金が飛んでいく

月収16万円というと、ほぼ毎月の固定費で全てが吹っ飛んでしまう額ですよね。

1ヶ月にかかるお金というのは大体

  • 家賃=4万円〜6万円
  • 食費=3万円
  • 水道光熱費=1万円
  • 通信費=1万円
  • 日用品=2万円

 

といった感じで、平均11万〜13万円でしょう。

私の場合はここに奨学金3万円も支払っていたため、毎月の出費は16万円

文字どおりカツカツであり、貯金なんて夢物語でした。

ここから貯金をするためには諸々の費用を削る必要があり、かなり節約して貯金した記憶があります。

 

 

上記は私が命を削って貯金した記録ですが、正直人間的な生活とは到底言えませんね。

食事の回数すら極限まで減らしていたため体力も落ち、会社にも迷惑をかけてしまいました。

 

月収16万円は人間的な生活すら危ういレベル

月収16万円だと、何か予想外の大きな出費が発生した場合、生活が一気に破綻します

例えば、友人の結婚式や、病気、家電の故障など、数万円が飛んでいくイベントが発生した場合に支払う余力が全くありません

こういう時のために貯金をしていくのが普通なのですが、上記にも書いた通り月収16万円では満足に貯金することは大変困難です。

また、地方であれば自動車が必須なため別途自動車ローンや自動車税、車検代などの出費も必要となってきますし、何かとお金はかかってくるものです。

私もそうだったのですが、正直月収16万円では友人からの遊びの誘いも断らなければ生きていけません

スノボに誘われたりしても毎回断っていましたし、当然飲み会なんかにも行っている余裕はありませんでしたね。

こんな状態では男性は結婚なんてとてもじゃないけど無理ですし、女性は化粧品やお洋服なんかも我慢する必要があるため本当につらいです。

 

つまり、月収16万円というのは人間的な生活すらも危ういラインだということです。

「貯金ができない」ということは、働いても一向に暮らしが豊かにならないということなんですよね。

いわゆるワーキングプアと呼ばれている状態であり、例え正社員であろうと月収が16万円であればこれに当てはまります。

 

毎月の給料=自分の時間(命)の価値

ここでふと思うのですが、月収16万円しか支払われないってどう思いますか?

これって、『お前の1ヶ月(20日=160時間)の価値は16万円な』と言われているのと同義なんですよ。

おかしいと思いません?私はこの時、『私の1ヶ月の時間(命)の価値はたったの16万円しかないのか』と絶望しましたね。

 

毎日毎日上司に気を使って一生懸命に仕事をこなしていたのに、毎月ギリギリしのげるくらいのお金しかくれないって・・・。

 

まあ私の場合は正社員型派遣という特殊な働き方で、自社では正社員扱いでしたがその実態は「ほぼ派遣」みたいなものでしたからこんな低月収でも仕方がなかったのかもしれません。

ですが、正社員であるのにも関わらず月収16万円しかもらえていないのであればちょっと考えた方がいいでしょう。

派遣よりも待遇が良いはずの正社員という雇用形態でその月収というのは、正直会社から搾取されていると言っても過言ではありません。

 

16万円しかくれない会社は経営が傾いているか、社員を軽く見ているブラック企業

毎月16万円しかくれないような会社で勤め続けていても、おそらく状況は数年後も全く変わっていないはずです。

というのも、そういう会社って「社員に給料を満足に支払えないほど経営が圧迫している」か、「社員を軽く見ていて、少ない給料でも別に良いだろと思っている」かのどちらかなんですよね。

いずれにしても、続けたところで数年後に『はい給料20万円にUPね』なんてなる事はないでしょう。

低月収しかくれないような会社は数年後に倒産しているか、相変わらず低月収で雇い続けているかのどちらかです。

 

正直この月収であれば、転職した方が給料が上がる可能性はかなり高いです。

そこらへんの普通の会社でも給料は手取りで18万円〜20万円以上は支払ってくれますし、16万円しかくれない会社の方が珍しいと言っても過言ではありません

頑張って出世したとしても割に合わない給料しか支払ってくれないのですから、今の会社にしがみつく理由はないはずです。

 

転職にマイナスイメージを持つ国、日本

それでも今現在まだ退職していないということは、転職に対してのマイナスイメージがあるか、仕事を辞めること自体がいけないことのような気がするからではないでしょうか。

確かに、日本では仕事を辞めることに対してマイナスイメージを持つ人は多く、誰かに『転職したい』と相談したとしても『もう少し頑張ってみるべき』だとか、『逃げ』だとか言われてしまうことが多いですね。

しかし、逃げて何が悪いのでしょうか?一生懸命働いて毎月16万円しかもらえないような会社で頑張り続けたところで何が得られるというのでしょうかね。

確かに経験値は積めるでしょうが、同時に時間を失っています。

だったらその時間を別の会社で使った方が、給料と経験値の両方を得ることができますよね。

そもそも、転職と聞いて引き止める人って大体相手のことなんて対して何にも思っていない場合が多いです。

要は自分のことじゃないから、『頑張ってみるべき』なんて無責任な発言が出来るんですよ。

それか、『自分が逃げずに頑張っているんだからお前も逃げずに頑張るべき』みたいな考えでしょうか。

みんなで幸せになるのではなく、みんなでつらい思いをしようとする国民性を持つ国なので仕方がない部分もありますが、それに従っていてもつらいだけです。

 

それに、会社というものは入ってみなければ分からない部分も多いですから、一発で良い会社に入ること自体が難しい話なんですよね。

「何度も転職して、3回目の転職でようやく自分に合った会社に入れた」なんて話も山ほど聞きます。

恋愛でも考えてみてもそうですよね。初めて付き合った人と結婚まで行く人なんてかなりの少数派です。

会社もそれと同じなんですよ。自分と合わないと分かれば、失敗と反省を生かして次に進めば良いんです。

 

それに、転職って思っているよりも結構簡単なものなんですよ。

 

転職って実は思っているよりもかなり簡単

過去に転職を経験した私が思うのが、「転職は意外と簡単」ということです。

私は転職エージェントを利用したのですが、基本的に流れに沿って進めて行くだけでかなりスムーズに転職活動が進みますからね

昔であれば、コンビニの会社情報誌を見て2行くらいの情報の中から良さそうだと思った会社を選んで電話して・・・と、かなり大変だったと聞きます。

しかし今ではインターネットがあるため、見られる情報がかなり増えているわけです。

会社名で検索すれば社長の顔や業務内容、給料や福利厚生、勤務地の上空写真・・・など、知ろうと思えば大量の情報が入手できます。

こういった時代もあり、転職の難易度は昔と比べて大幅に下がっているんですよね。

転職エージェントは求人の紹介から書類の作成、面接対策など転職活動のほとんどをサポートしてくれますし、かなり負担も減ってきています

求人を出している会社が費用を負担しているため利用にあたって料金は一切かからないのも嬉しい点です。(私も月収16万円だったので本当に助かりました。)

あとは、今現在が人手不足なのもラッキーだったと今振り返ってみて思います。

そのおかげで会社も採用に積極的ですから、今なら内定がもらいやすい社会情勢だと肌で感じましたね。

ただ、これからまた就職氷河期と呼ばれる時代に再突入してしまう可能性もゼロではないため、企業が採用に積極的なうちに行動を起こした方が良いかもしれません。