退職後に派遣やアルバイトをやるな!つなぎにすらならないぞ!

働く女性

会社を辞めた後は自由な時間が多く、今まで会社に縛られていた人はその自由度に驚くでしょう。

それと同時に、その自由を謳歌しようと派遣やアルバイトなどを始めてしまう人もいますが、これって実はかなり危険なんですよ。

出来るだけこの自由を楽しみたい気持ちも分かりますが、安易に無職の期間を長引かせるのはやめた方がいいです。

今回はその理由についてお話致します。

 

派遣やアルバイトは「ブランク」としてしか見られない

なぜ退職後に派遣やアルバイトをすることがダメなのかというと、今の日本ではこれらの行動は「ブランク」としてしか見られないからなんです。

会社に勤めていた期間しか面接時には重要視されないということ。つなぎにすらならないんです。

いくら派遣やアルバイトで経験を積もうが、「所詮は派遣」「アルバイトなんて何の経験にもならないでしょ?」という目で見られます。

つまり、退職後にこれらで食いつなぎ、会社で働いていない期間が長引けば長引くほどいざ転職活動を始めた際に不利になるということなんです。

海外であれば会社を辞めた後に海外へ旅行へ出かけたり、1ヶ月バカンスを取るなどといったことは普通に行われ、面接時でもこれらは貴重な経験として語ることが可能ですが、日本ではそうじゃないんですよね。

悲しいですがこれが事実です。日本は「勤労至上主義」であるため、

 

正社員じゃない期間=遊んでただけでしょ?

 

という認識だということ。

この期間が長ければ長いほど、正社員復帰は難しくなります。

 

出来るだけブランクは短い方がいい

いくら、

 

しろねこくん
海外では仕事を辞めた後にしばらく休暇を取るのが普通だ!!

 

と叫んだところで、ここが日本である以上その叫びは虚しくかき消されてしまいます。

日本に住んでいる以上、その価値観に従うことが上手く生きていくためには必要なことなんです。

 

私もなんども「海外に生まれれば良かった」と思ったか分かりませんが、嘆いていても変わりません。こちらから合わせていくしかないんですよね。

ですから、もし今会社をすでに辞めてしまっているのなら早めに転職活動を始めた方がいいでしょう。

派遣やアルバイトで食いつないで自由を謳歌することは、今は良くても「いざ転職活動を!」となった時に必ず不利になり後悔しますからね。

 

くろねこくん
マジかよ。オレもう派遣とアルバイトを始めてしまったぜ・・・

 

という方は、仕事の合間や休日など、暇な時にでもいいですので早めに準備を進めていきましょう。

 

会社を辞める前に転職活動をしよう

まだ会社を辞めていないという方は、辞める前に転職準備を進めておくのが賢い戦略となってきます。

退職届をまだ出していないという人、あなたはラッキーです。

転職準備を進め、転職先が決まってから退職届を出すのが今の日本において一番ベストな選択。

会社からの給料があるということだけで心に余裕が出来ますし、辞めてから転職するよりも時間的自由は少ないですが精神面では大きなアドバンテージを得ることが出来ますからね。

 

「すでに退職届を出してしまった・・・」という方は退職日までに出来るだけのことをやっておくのがいいでしょう。

引き継ぎなども含めれば最低でも2週間、長くて1ヶ月間は猶予があるはずです。

色々と引き継ぎはやることが多く時間もそれほど取れない場合もあるかもしれませんが、隙間時間を使ってでも準備を始めておけば後が楽です。

何もせずに退職日を迎えてしまい、無職となって収入源が断たれてしまうと心の余裕もなくなりがちですから、準備は早いに越したことはないですよ。

 

具体的な準備としては、履歴書を1枚でも書いてみるところから始めるのがいいでしょう。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、いざ書き始めてみればすんなり書けるものです。

一度書いてしまえばその後の準備も淡々と進めていけるものですので、まずは何か簡単なことから始めてみるのが重要だということ。

今の会社でどんな仕事をしてきて、何を学んだのか。どういった仕事を任され、どういう心持ちで進めていったのかを振り返り、とりあえず書いてみましょう。

 

貯金と失業保険の確認をしておこう

他にも、生命線となるお金のことはきちんと把握しておきましょう。

貯金は退職後に転職活動が長引いてしまった時の心の余裕に直結します。

今いくらあって、どのくらい長引いても大丈夫なのかを確認するということ。

その際に失業保険も加味して考えるのがベストです。

失業保険は自己都合退職の場合、支給されるのは退職してから3ヶ月後ですので、貯金はとりあえず3ヶ月はしのげる額があればOKです。

もちろん多いに越したことはありませんが3ヶ月分あれば食に困ることはありません。

転職活動って何かとお金がかかるんですよね。

交通費はもちろんのこと、スーツがヨレヨレであれば新調したり、カバンを買い替えたり腕時計が壊れたり・・・と、予想外の出費が起こる可能性もあります。

出来る限りの節約と貯金を行い退職するようにしましょう。

 

(会社を辞めた後の失業保険の手続きについては下記記事を参考にしてください。)

 

 

手軽に出来るものから始めるという事が重要

転職準備をとはいっても、いきなり何かを始めるというのはやはり腰が重いものです。

ですからまずは上記に書いたような「手軽に出来ること」から始めるのが大切なんですよね。

興味のある会社について検索してみたり、履歴書を一枚書いてみたり。

やはり、情報収集から始めるのが一番メジャーですね。

私が転職活動を始めた時は、手軽に出来る初動としてまず会社の口コミが見られるキャリコネを使って情報収集を始めましたよ。

 

聞いた事がある人も多いと思いますが、その会社に実際に入社している人しか書き込めない掲示板のようなもので、

面接時には聞きづらい給料の話や有給取得しやすい雰囲気かどうか、残業時間や実際の仕事内容などを知る事が出来ます。

会社というのは不都合な情報は隠すものですから、入社前にこれらの真実を知る事が出来るのはかなり大きなアドバンテージになります。

「入社してみたら聞いていた話と違った!」ということを防ぐためにも、かなり役立つサービスです。

今の時代、いくら求人を偽ろうとバレてしまいますね。

 

人間、最初の行動が一番腰が重いものですから、ここでやる気を出して何かを始めさえすればその後はトントン拍子で準備を進めていけるものです。

貯金が底をつき始めてから焦り出しても遅いので、早めに行動を起こしておけば後で必ず「やっておいてよかった」と思うはずですよ。