毎日同じような日々だと感じるなら、あなたはその会社に向いていないという事実

会社で働いていると、こう思いませんか。

 

「毎日毎日、代わり映えしないな。あと何年、こんな生活が続くのかな・・・」

 

と。

 

心辺りはありませんか?

 

結論から言うと、こう感じてしまう時点で、その仕事や会社自体があなたに合っていない可能性が高いんです。

詳しくは後述しますが、実をいうと私も、以前は代わり映えのない日々を繰り返していました。

 

まるでロボットのように、同じような毎日を過ごしていたんです。

 

代わり映えのない毎日

では、一体どのような生活を繰り返していたのでしょうか。

 

まず、月曜日の早朝。アラームが枕元で鳴り響き、いつもと同じ時間に目を覚まします。

同じような手順で身支度を開始して、代わり映えのしない服に着替える。

 

身支度を済ませ、いつもと同じ時間に家を出る。

いつも通る道を通り、いつもと同じ電車に乗る。

満員電車に揺られ疲弊しながら会社に到着。

 

同じような業務をこなし、当たり前のように残業。

夜、すっかり日も落ちたころ会社を後にする。

 

また同じ道を通り、帰宅。いつものように夕飯を済ませ、お風呂に入り、布団にもぐりこむ、

 

そしてまた同じような朝がやってくる。

 

辛い平日を乗り越え、やっとやってきた金曜日。

 

ウキウキ気分で会社を後にする。

ちょっと飲み歩くなり、見たかったDVDを借りて帰るなり、華の金曜日を満喫。

少し夜更かしして、布団に入る。

 

そして土曜日。日頃の疲れからかお昼ごろに目を覚ます。

ある一人暮らしの人は溜まっていた家事を片付ける。

ある家族持ちの人は、疲れた体に鞭を打ち家族サービス。

そうこうしているうちに夜になる。土曜日があっという間に過ぎていく。

 

迎えた日曜日。

土曜日だけでは疲れが取れず、結局お昼に目を覚ます。

食事を済ませ少しゆっくりする。

・・・

ふと窓の外に目を向けると空は夕焼けに染まっている。

 

“ああ、明日からまた仕事だ”

 

憂鬱な気分は日が暮れるとともに重くなり、

夜、寝坊しないように早めに布団に入り目を閉じる。

 

そしてまた同じような朝がやってくる

 

40年という年月

こんな生活を、入社から定年まで、40年近く続けなければいけないわけです。

定年が伸びるという話も出ているため、もしかしたらそれ以上かもしれません。

 

これを聞いてどう思いましたか?

 

もし絶望したのなら、あなたはその会社に向いていません

 

そう感じてしまう時点で、今やっている仕事があまり興味がないし、その会社で働いて楽しいと思っていないということです。

 

日々つまらないと感じながら働いていては、スキルも身に付かず、将来給料も上がらない可能性が高い。

そんな気持ちで働いていては、無駄に歳だけを重ね、数年後、数10年後に後悔します。

 

昔は、ダラダラと働いていても給料が上がり、年金も十分な量を貰うことが出来ていました。

終身雇用が保証され、将来の昇給も約束されていたわけです。

会社を辞めさえしなければ、明るい未来が待っていた。

 

しかし、現在は?

 

終身雇用は崩壊し、とある大企業は経営が傾き、多くの社員をリストラ

将来が保障されているからと安心しきっていた多くの人々が路頭に迷いました

 

さらに年金は、もらえるかどうかすら怪しくなってきています。たとえもらえたとしても、贅沢が出来るほどではありません

 

平均で、2ヶ月に1度の支給で28万程度。

1ヶ月単位でみるとたったの14万円です。

無駄遣いのない質素な生活をしなければ到底生活できないような額しかもらえないんです。

 

何十年もダラダラと同じような毎日を過ごした先に待っているのは、

ただ国に生かされているだけの年金生活です。

 

定年後は最低限の生活しかできない未来が待っています

 

時代は変わったんです。

 

スキルアップが出来る会社に行かないと将来が厳しい

ダラダラと働いていては、給料が上がらない

まったく上がらないとは言いません。ですが

間違いなく、上がる確率やその量は激減しました。

 

いつ経営が傾きリストラされるかも分からないし、会社が倒産するかもしれない

そんな不安定な時代です。

 

だからこそ、どこに行っても通用するような、自分のスキルを身につけていく必要があるんですよ。

 

自分のスキルがあれば、それを生かして別の会社に行ったり、突然リストラされても生きていくことができます。

 

不安定な時代だからこそ、スキルアップが必要。

 

この事実に気づかず、同じような日々を繰り返した先に待っているのは、

”その会社以外では通用しない人”になってしまうということ。

 

つまり、首になったりしたら即アウト。

 

恐ろしくないですか?

 

しっかりと今現在の社会の状況を知れば、分かりますよね。

 

・今の会社が自分に向いていないと感じる

・毎日が退屈。ルーチンワーク

・やりたくもない仕事でやる気が出ない

 

このような状態で、無駄に歳を重ねてしまった先で待っているのは、

今よりも条件の悪い会社である可能性が高いです。

 

ですから、そうなる前に動く必要があるんです。

 

今の職場がスキルアップもできないのなら、早めに転職する必要がある、ということです。

ただ退屈な毎日を繰り返すことが、どれだけリスク高いかという事、もう分かりますよね。

 

無駄に歳をとってしまう前に、早く行動しないと、取り返しのつかない事になります。
【公式】第二新卒エージェントneo

今この瞬間が、あなたの一番若い時、ですよ。