会社を辞めて無職になった20代が正社員になるためにはどうすればいい?

無職の男性

会社に嫌気が差したり、ブラック企業で疲弊したりして会社を辞めて無職になってしまえば、将来が不安になりますよね。

無職のままでは世間体も悪く、親からのプレッシャーや周りとの比較による焦りも出てきます。

たとえ失業保険をもらえていたとしても、一人暮らしであれば数ヶ月ほどで貯金も底を尽きてしまう。

無職の状態から正社員になりたいのなら、出来るだけ早めの行動が必要になってきます。

というのも、転職というものは20代であれば比較的楽に次の会社が決まりやすいんですよ。

ですので、安易に派遣やアルバイトで食いつなぐというようなことはせず、転職活動へと踏み切った方がいいでしょう。

 

 

20代であれば正社員になりやすい

転職というものは「出来るだけ若い」か、「年齢相応のスキルと経験がある」のどちらかであればそれほど苦労することなく次の就職先を見つけることが可能です。

よく世間で「30歳の壁」なんて言われていますが、30代になったのにも関わらず何のスキルも持っていなければ、転職はかなり厳しいものとなってしまうんですよね。

無職のままダラダラと続けて30歳という年齢を超えてしまえば、なかなか雇ってもらえなくなります。

たとえ雇ってもらえたとしてもそこは人手が常に不足しているようなブラック企業の場合がほとんどで、普通のまともな会社は何のスキルもない30代なんて雇いません。

ホワイト企業であれば他にも優秀な人たちがたくさん応募してくるため、わざわざ何の能力もない30代なんてスルーです。

その点、20代であればまだまだこれからの伸びしろが期待できるため、現時点で能力が低かったとしても将来的な目でみて採用してくれるんですよ。

 

フリーター期間が長引けば確実に不利になる

貴重な20代を派遣やアルバイトで食い繋いで自由を謳歌しても、いざ30歳が目前に迫ってきたあたりで確実に後悔します。

周りの正社員の友人はすでに何かしらの役職についていて、給料もアップしている頃でしょう。

気がついたらかなりの差が付いていたという未来が待っています。

 

フリーターの居心地の良さに慣れてしまうとわざわざ大変な思いまでして転職活動をする気にならないかもしれませんが、フリーターの席がいつまでもあるとは思わない方がいいです。

「フリーターでも頑張れば月20万円以上稼げるし」などといった事を若いうちは考えるかもしれませんが、フリーターというものは肉体労働や単純作業であるため、いくらでも替えの効く人材です。

特別な能力も入りませんから、雇う側としては若い人の方がいい。

それに、歳をとると体のあちこちにガタがきて、思うように働けなくなります。

働く時間が減るとともに給料も減っていくため、年収は下がる一方なんですよ。

また、将来自分より年下の若い子達にタメ口でこき使われることも覚悟しなければなりません。

 

「それでも、生きていけるなら正社員より楽でいいや」と若いうちは思ったとしても、人の考えは変わるものです。

もし30歳になって周りの友人がどんどん結婚をし始め、子供に囲まれて幸せそうな姿を見たとき、それでも何の感情変化が起きないのならいいですが、後悔しないと言い切れますか?

20代という「まだ先がある感」が余裕を生み出しているだけで、いざ30歳になってその余裕が崩れた時が一番怖いんですよ。

その時やっと重い腰を上げて正社員になろうと思ったところで、上記にも書いた通り常に人手不足なブラック企業で薄給生活になる可能性が高いです。

そうなれば子供はおろか、結婚すら金銭的問題で諦めざるを得ません。

自分1人が生きていくのに精一杯な貧困生活が待ち受けています。

 

日本にはブラック企業が多いため闇雲に求人を探さない方がいい

ここまでフリーターの末路をお話してきました。

次に、どうやって転職活動をしていけばいいかに付いて書いていきます。

 

まずは求人を探す際の注意点ですが、あなたもご存知の通り日本にはブラック企業が多いですよね。

考えなしに求人を探したところで、ブラック企業を引き当ててしまえば頑張って転職活動をした意味がなくなってしまいます。

特にハローワークの求人には気をつけた方がよく、ほぼブラックといっても過言ではありません。

 

 

ハローワークは無料で求人を出せるため、ブラック企業の温床になっています。

転職先の求人探しはこういった公共機関を使うのは危険で、しっかりと大手の転職サイトを活用した方がいい。

業界最大手であればリクナビNEXTなど、ハローワーク以外の所を利用しましょう。

 

ただ、転職サイトとはいっても確実にブラック企業を避けることは不可能でしょう。

ブラック企業の基準は人それぞれ違うため、労働時間の長さがブラックだという人もいれば、上司が厳しい会社がブラックだと思う人もいます。

なので、あなたがブラックだと思う基準を考え、それを避けることが重要です。

しかし会社というものは実際に入社してみなければ本当にブラックかどうか分かりませんよね。

入社前にその会社の内部事情がどうかという事を知るためには、会社の口コミを見ることが唯一の方法です。

私が転職活動を行なった際にも利用していたのですが、キャリコネというサイトを使いました。

これはその会社に実際に入社している人しか書き込めない掲示板のようなもので、

「この会社の求人情報には勤務地考慮と書いてあるが、勝手に決められた」

「上司が体育会系だった」

「激務だがスキルアップは出来る環境」

など、良いことも悪いことも全て把握することができます。

ですので、リクナビNEXTなどで良さそうな求人を見つけたら、その会社名で検索をかけて口コミを調べてみましょう。

「求人情報に書いてあることは本当に正しいのか?」や、「その会社が本当のところどうなのか?」という事を知ることが出来ます。

利用は無料ですし、入社してから後悔して時間と労力を無駄にしないためにも上手に活用してくださいね。

 

求人探しから始める方は業界最大手のリクナビNEXTが有名です。

 

 

これらを上手く活用し、就職を成功させましょう!