社会人2年目が会社を辞めたいと思った時に取るべき転職戦略。第二新卒を有効活用しよう

社会人2年目の転職

新卒として入社したら、「最低3年は続けろ」なんて話は至る所でよく聞く話です。

しかし、それをただ盲目的に従うだけの人って結構いるんですよね。

「とりあえず3年っていうし・・・」

「仕事はつまらないけど、今辞めたら経歴が汚れるかも」

「パワハラを受けていてつらいけど、3年は続けなきゃ」

など、思考停止でただ3年働けばいいとしか思っていない人が多すぎます。

結論から言えば、社会人2年目で転職するということはむしろ3年続けた人よりも有利であり、内定を勝ち取りやすいんですよね。

 

とりあえず3年という言葉の真意

確かに、3年未満で会社を辞めれば転職の際には必ず突っ込まれることになり、きちんと面接官が納得出来るような理由を考えておく必要はあります。

ですが、今の会社で働き続けることになんの意味がないのにも関わらず「みんな3年は働けっていうし」みたいに、なんの考えもなしにただ続けたところで全く意味はないんですよね。

正直、思考停止で続けることは時間を無駄にしているのと同じです。

 

では、その3年間を他のことに費やしていたらどうなっていたでしょうか?

 

さっさと辞めて転職していれば、思考停止で3年働いた人よりもその分転職先で経験を積む事が出来ていたはずです。

あまり公には語られていませんが、これ以上騙される人が出てしまわないように真実を告げると、「とりあえず3年」という言葉の真実って実は「3年未満で辞めて欲しくない」という事なんですよね。

どういうことかというと、せっかく入社してくれた社員が3年も経たずに辞めてしまえば、会社はその人を採用するために費やした費用などをペイ出来ないから辞めて欲しくないだけなんですよ。

それに、3年未満であればそれほど仕事もまだ満足に出来るようにはなっていないのにも関わらず会社は20万円もの給料を渡さなければなりません。

給料分以上の働きが期待できるのが大体「入社から3年」程度であり、それよりも前に辞められてしまえば会社はただ単に負債が増えてしまうだけなんです。

他にも、部下に辞められてしまえば上司は人事などから「なぜ辞める前兆に気がつかなかったのか」などと責められ、上司の評価が落ちてしまう場合も多いです。

だから上司としては部下にすぐ辞めて欲しくはないため、その引き止め文句として「とりあえず3年は働かないと経歴に傷がつくよ」と言って脅しているわけです。

 

転職した事がある人であればみんな知っている事なのですが、たとえ3年経たずに辞めたとしても実は経歴に対して傷なんてつかないんですよね。

 

転職というものは若ければ若いほど有利であり、無駄に3年も働いていればその分むしろ不利になっていくんですよ。

転職面接の際に「なぜ3年未満で辞めたのですか?」と聞かれるのはただ単に早く辞めた理由が気になるだけであり、そこがきちんと説明出来れば、3年続けた人よりも圧倒的に内定は得やすいというのが真実です。

3年未満で辞めた理由なんていくらでも説明しようがありますし、むしろ「先見の明がある」と高評価される場合も多いくらいですから、いかに思考停止で3年続けるという行為がアホらしいかという事が分かると思います。

 

上記にも書きましたが、給料以上の働きが期待出来るのは入社から3年以上経った後の話であり、正直その前であればいつ辞めようが大した差はないんですよね。

だったら出来るだけ若いうちに辞めた方が、「年齢が若い」という大きなアドバンテージが得られるということです。

 

社会人2年目の転職戦略

社会人2年目で辞める際は、まず次にやるべきことを明確にしておきましょう。

なんの考えもなしに辞めてしまえば、その後は楽な派遣やフリーターという安易な道に進んでしまう人も多く、そうなれば今後の人生を棒に振るってしまう可能性があります。

 

 

仕事を辞めて何をしたいのか、次に就きたい仕事はなんなのかという部分は必ず明確にしておく必要があり、この部分だけでもきちんと準備を進めておきましょう。

そのために、今から出来るだけの貯金をしておくとなお良いと思います。

そうすればいざ辞めた後にも落ち着いて転職活動をする事が出来ますからね。

 

お金の余裕は精神的余裕にも繋がるためかなり大事で、貯金がろくにないのにも関わらず辞めてしまえば「貯金が減っていく」という焦りから安易に会社を選んでしまい、結局またすぐ転職なんてことにもなりかねません。

それに、貯金が少なければその焦りが会社側にも伝わってしまい、面接の際にも上手く話せないなんてことになってしまう場合もありますからね。

 

ただ例外として、深刻なパワハラを受けていたり、超激務で今にも身体をぶっ壊しそうだという状況であれば、貯金など気にせず今すぐ辞めた方がいいでしょう。

身体を壊してしまえば数ヶ月は働けなくなってしまいますし、うつ病にかかってしまえば今後の長い人生にも大きな影響を及ぼしてしまいますからね。

 

社会人2年目で転職する際に重視される項目は?

社会人2年目の人が転職活動の際に重視されるのは、「どの程度社会人としての基礎が出来ているか」という部分です。

前社での経験や実績などではなく、いかに基礎的な部分がしっかりしているかという部分が重視される項目です。

無理に実績などを話すよりも、前社で頑張ってきたことや、社会人としてのマナーがきちんと身についているということをアピールしていくといいでしょう。

 

転職の際は新卒の頃のような「人柄だけでの採用」などはあまりありませんので、「入社することで会社に利益をもたらす事が出来る」、「こういう部分で戦力になれると思う」などと言った部分を伝えられるようにしておけばOKです。

どんな些細なことでもいいですから、「前の会社で頑張ってきたこと」や、「こういったことに気をつけてきた」という事をまずは紙に書き出し、頭の中でしっかりと整理してみましょう。

 

その上で自己PRや志望動機を組み立てれば、第二新卒という特権もあるため転職はそんなに難しい話ではありません。

 

社会人2年目が楽に転職する方法

転職活動をするにあたっては、まず最初に転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

私も過去に転職した際に利用したのですが、私に合った求人から書類の作成、面接対策まで幅広くサポートしてくれたため、転職活動がグッと楽になりましたよ。

他にも自己PRや志望動機の添削なども行なってくれたため、より企業に説得力のあるアピールが出来たと思います。

ハローワークで求人を探してもいいのですが、ハローワークってブラック企業の求人が多いことでも有名であまりオススメ出来ないんですよね。

 

 

その点転職エージェントではブラック企業がないかしっかりと精査した上で除外していますし、上記にも書いた通りその人に合った求人を厳選してくれるため転職後により自分にマッチした会社に入りやすいです。

求人を出している会社が費用を負担しているため最初から最後まで料金は一切かかりませんし、登録も5分程度ですぐ終わりました。

また、土日や祝日にも対応してくれるため、会社を辞めずに転職先を探す場合でも大丈夫です。

それに、キャリアプランってやはり自分1人で考えても限界があるものですが、転職エージェントにヒヤリングしてもらえば自分でも気が付かなかったキャリアを見つけられる可能性だってあります。

1人で転職活動を全て頑張るよりも、こういった無料のサービスを活用した方がより良い会社に入りやすいですし、転職活動自体もかなり楽になりますよ。

 

それに今は人手不足により会社も採用に積極的ですが、これからまた氷河期時代に入ってしまう可能性も当然あります。

企業が採用に積極的なうちに行動を起こした方がいいかもしれませんね。