仕事が無い、暇すぎて辛い。社内ニート派遣社員だった私が仕事を貰えるようになった方法とは

”仕事が暇すぎてつらい”

 

この記事を見ているあなたはズバリ暇で悩んでいますね?

会社で何も仕事がない、いわゆる社内ニート状態でしょう。

 

分かります。私もそうでした。

 

周りが忙しそうなのに、自分は暇

罪悪感に押しつぶされそうになるが、何もすることがない。

この状態がこんなにも精神的にくるとは、経験する前だったら分からなかったでしょう。

 

放置上司、着任

では、私が一体どんな感じのエリート社内ニート(発音しにくい)だったのかお話します。

 

現在エリート社内ニートの私ですが、こうなる前はとても忙しかったんですよ。

 

私は派遣社員ですが、以前の上司にあたる人は派遣を便利に使う人で、

雑務を大量に押し付けてくる人でした。そのため、非常に忙しかったです。

 

この上司を”仕事押しつけ自分はサボり上司”と呼ぶことにしましょう。

 

半年経ち、私が移動し担当上司が変わったのですが、

今度の上司は、”仕事を渡さず何も教えない放置上司”だったんです。(ネーミングセンスゼロ)

 

仕事押し付け上司は50代後半の定年間近でしたが、今度の放置上司はまだ若く、30代そこそこといった年齢でした。

そのためか、自分の仕事で精一杯なようで、私のことは完全に放置

 

少し前までくっそ忙しかった(雑務だが)のにこの落差はなんだと戸惑いました。

当然、暇を持て余すのは時間の無駄なので、積極的に仕事をもらいに行きましたが、、、

 

仕事をもらいに行くとすごく嫌な顔をされます

 

『次何すればいいですか?』と聞いても、「んー、特にない」と。

教えている暇なんてないし、教えてやってもらうくらいなら自分でやった方が早い

と考えているようです。

実際、この放置上司は常にせわしなく動き回っていたし、余裕がないのは痛いほど伝わってきました。

 

が。

 

私は何もすることがない

 

座っているだけという拷問

これが予想以上につらい。

ただ座ってるだけで給料がもらえるなんて最高じゃん?

と、経験した事がない人は思うかもしれない。

 

私も以前は、職場で暇を持て余している友人の話を聞いていいなーとか思っていました。

だが、かなりつらい。

 

これは実際に体験してみないと分からないかも。

 

何もすることがなくただパソコンの前に座っていると、まず

時間が経つのがとんでもなく遅く感じます。

 

まだ5分しか経ってない、、、(´・_・`)

 

みたいな。

 

当然周りは忙しそうなので罪悪感半端ないし、

自分も何かしなきゃという焦りとプレッシャーによるストレスがやばい。

そして、時間を無駄に浪費していると感じる喪失感もヤバい。

 

このまま何日も何週間もただ時間が過ぎるのを待つだけと考えると怖くなりました。

 

そして何より、

 

眠い

 

一日に何本コーヒーを飲んだか分からないです。

仕事に追われているときは眠気なんて感じている暇もないのですが、

一日中暇だともうとにかく眠気との戦いです。

カフェインの取りすぎで心臓の鼓動が早くなったときは死ぬかと思いました。

 

何か暇つぶしを、と考えネットサーフィンもしましたがこれもやはり罪悪感に潰されそうになります。

 

私はネットサーフィンをしながらお金をもらうのか?

 

と、かなり精神に来ます。

 

クソ激務で体壊すよりはマシなのかもしれませんが、

私は実際に経験して初めて暇すぎるのもつらいと知りました。

 

激務が身体にくるのなら、暇すぎるのは精神にきます

 

家で暇ならいくらでも潰せますが、会社だとゲームなんてもちろんできないし

寝るわけにもいかないし携帯は使えない所だったしネットサーフィンは前述した通りだし・・・。

もう本当に、目の体操とかしかやることないです。

耐えきれなくなり、仕事くださいと頼み込み、

じゃあこれやってと、簡単な資料作成を頼まれました。

 

が、

 

既に上司が作成済み、というわけ分からん状況でした。

え、すでに出来てるのにやる意味ある?

誰でも作れるしこんなん一瞬で終わるし、なんのスキルアップにもなりませんが・・・。

 

とこんな毎日です。もう時間の浪費感に押しつぶされそうで、

忙しい時期よりも精神的疲労がすさまじかったです。

自分はこんなことしてる場合じゃないのに・・・

と焦るだけの日々。

 

例えるなら、

「毎日10時間くらいこの檻の中に入っててね。

ただし暇つぶしの道具は持ち込み禁止だよ」

といった感じでしょうか。

 

雑務押し付けとはいえ忙しかった時は、

膨大な量を処理して納期に間に合わせると、

「やってやったぜ・・・」と謎の達成感は感じられました。

所詮雑務なんでスキルアップにはなりませんが、

 

暇を持て余すよりはマシ

 

でしたね。

 

対策方法

では、どうやって暇じゃない状態にすればいいでしょうか。

仕事で成果を出す

私が仕事をもらえるようになった方法は、

 

「無理やり仕事をもらいにいき、成果を出した」

 

ことですね。

 

私の場合は雑務でしたが、それでも全力でやりました。

出来るだけ早く終わらせつつ、完成度が高いものを目指す

 

こうやって少しずつ評価を上げていき、仕事がもらえるようにするしかないでしょう。

 

とりあえず、全力で取り組む。

 

私はこうする事で、次第に仕事がもらえるようになりました。

すでに上司が作成済みというわけわからん仕事ではなく、きちんとした新規の仕事です。

 

自分がやっと少し認められたような気がして、嬉しかったですね。

 

しかし、そもそも今の部署に仕事自体がない場合はこの手は使えません。

 

その場合はどうすればいいでしょうか。

 

上司より上の立場の人に相談してみる

ある程度の権限を持つ人に、「仕事がもらえなくて困っている」と相談することです。

仕事がなければスキルアップもできず、ただ時間を無駄にしているのと同じですからね。

 

過ぎた時間は絶対に戻らないため、後で後悔しても遅いです。

ですから、このまま無駄な時間を浪費し続けないためにも、上司の上司などある程度の権限がある人に相談してみましょう。

 

転職を考える

もしこのまま現状が変わりそうにないなら、転職を考えるのも選択肢の1つです。

自分が能力不足だと思われていて仕事がもらえない場合もあり、一度ついたイメージを変えることはなかなか難しいです。

 

今の部署が自分の能力を活かせない環境だったり、たまたま最初にミスを連発し悪いイメージがついてしまったりと理由は様々ありますが、やはり環境を変えない限りは難しい面もあるでしょう。

今部署で暇なのなら、転職サイトに登録しておくのがいいでしょうね。

この暇な時間に求人情報を眺め、情報を仕入れておくのはありだと思います。

きちんと仕事がもらえる職場の方が自身のスキルアップにもなりますし、何より生活が充実しますよね。

 

また、今の部署にそもそも仕事自体がない場合はなおさら早めに抜け出した方がいいでしょうね。

このままダラダラと何もせずに時間だけが過ぎていき、気がついたら無駄に歳だけ重ねていたなんてことのないように注意です。

 

まとめ

やっぱり、暇すぎるってとても辛いです。

何のために会社に来ているんだ・・・ってなりますし、時間の無駄遣い感がハンパないです。

 

暇すぎるのも、かなりメンタルに来ますよね。

 

仕事が多かった時はもちろん大変でしたが、暇すぎるよりはよっぽどマシですね。