ブラック企業が行う異常な新人研修の特徴はこれだ!新入社員を洗脳して都合良くこき使おうと企んでいるぞ!

ブラック企業の異常な新入社員研修の特徴

会社に入れば、まず新人研修があります。

もし、あなたが入社した会社がブラック企業であった場合、実はこの時からすでにあなたを「都合良くこき使える存在」にするための洗脳が始まっているんです。

ブラック企業は悪質な新人研修を行い、会社にとって扱いやすい(使いやすい)存在へ調教する事で社員を便利に使い倒そうとしているんですよね。

 

この記事ではそういったブラック企業が行う新人研修の特徴についてまとめましたので、会社に搾取されないためにも洗脳される前にしっかりと知識を身に付けておきましょう

 

 

ブラック企業が行う新入社員研修(洗脳)の特徴

まず、ブラック企業が社員を調教する際に行う新人研修は

  1. 人格を否定する研修
  2. 社訓を暗記させられる、大声で言わされる研修
  3. 異常な集団行動をさせる研修
  4. 給料が出ない、または最低賃金以下で行われる研修

 

などが挙げられます。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

1、人格を否定する研修

人格を否定するような言動を繰り返し、自尊心を低下させることを目的とした研修がある場合は要注意です。

こういった研修というのは、「会社にとって都合の良い価値観」をすり込ませる目的で行われます。

 

通常であれば、あなたが今まで生きてきた上で築き上げてきた価値観というのはそう簡単には崩れません。

しかし自尊心さえ低下させてしまえば、容易に価値観のすり替えを行う事が出来てしまうわけです。

 

人間というものは自尊心が低下している時に他者から何度も同じ価値観を押し込まれると、次第にその価値観に染まっていってしまうんですよ。

 

例えば、あなたが「自分より格上」だと思っている人が何か意見を言っていたら、たとえ自分とは違う意見だったとしても「この人の言う事の方が正しいのかも」と思ってしまいませんか?

これも自尊心の問題で、人間は自分より格上の人を前にすると「この人と比べたら、自分なんて全然大したことない」と感じてしまう(自尊心が低下してしまう)ため、こういった事が起こるんですよね。

もちろん、全ての意見に賛同するわけではないでしょうが、それでも格段に信じやすい状態にはなっています。

 

だからブラック企業は新人研修で人格を否定し、自尊心を低下させる事で会社にとって都合の良い価値観をすり込もうしているという事です。

 

逆に考えてみれば、あなたが「この人、全然大した事ないな」って半分見下してるような人が、自分と違う意見を言っていたらムカつきませんか?

これも上記と同じで、自分より格下の人を前にしているときは「自尊心が高い状態で保たれている」状態なため、簡単には自分の意見なんて曲がりません。

 

実は私も、「会社からの価値観のすり込み」を実際に経験した事があるんですよね。

会社に入る前は「サービス残業なんて絶対にやらない」と思っていた私でしたが、ブラック企業の新人研修で

  • 「そんな考え方で、将来生きていけると思っているのか?考えが甘すぎる」
  • 「お前は今まで何をして生きてきたんだ?ふざけてるのか?」
  • 「そんなようじゃ、本当にこれから先どこにいってもやっていけないぞ。分かってるのか?」

 

等と言ったことを何度も言われていくうちに、次第に「もしかしたら私は本当に間違っていたのかもしれない。会社の言うことが正しいんだろうな・・・」という価値観になっていき、最終的にはサービス残業に文句も言わずに働き続ける便利な存在と化してしまいました。

 

頭のどこかでは「サービス残業なんてタダ働きだし、おかしいんじゃないか?」とは思っていたものの、それでも強くすり込まれた価値観はそう簡単には消えませんでしたね。

意思の強さには自身のあった私ですら、何度も何度も強い口調で罵倒されていくうちに自尊心が低下し、まんまと会社の価値観に染まってしまったというわけです。

 

最終的に私は身体壊して会社を退職し、結果的にこの洗脳からは解き放たれましたが、逆に言えばこうまでならなければ洗脳なんて簡単には解けないという事なんですよね。

 

2、社訓を暗記させられる、大声で言わされる研修

新人研修の際に、社訓を暗記するように強要してきたり、みんなで大きな声で叫ばせたりするような会社も危険です。

なぜこのような事をさせるかと言えば、上記と少し被りますが「会社にとって都合の良い社訓を無意識化に植え付けるため」なんですよ。

 

「会社にとって都合の良い社訓」というのは、例えば

  • お客様の満足に全てを優先させる
  • 「出来ない」と言わない
  • 勝つまで戦え、限界からあと一歩進め

 

などです。(これはワ〇ミの社訓です。)

 

上記は一例ですが、これらを忠実に守ったところで会社が得をするだけで社員は全く得をしません

それどころか、会社に滅私奉公し過ぎて過労死する危険性まであります。

 

しかし会社側は、自分たちの利益を最大化するためにこういった社訓を社員に植え付け、社員を便利に扱ってやろうと企んでいるわけです。

 

3、異常な集団行動をさせる研修

会社で働く上で集団行動はもちろん大切ですが、新人研修で”異常な”集団行動をさせるような会社もブラック企業の特徴です。

例えば、新人研修と称して合宿を行い、そこで上記に書いたような社訓をみんなで大声で叫ばせる・・・などですね。

1人1人個別で社訓を叫ばせ「もっと大きな声で!!」などと煽り、指導者が満足するまで永遠と繰り返させたりするような会社ははたから見ても異常です。

 

ただ怖いのが、研修を受けている当事者は異常という認識があまりないということ。

合宿という場では当然周りには同じ会社の人間しかいないわけですから、比較する対象がいませんからね。

周りみんなが全て同じ行動をしていては、もっと広い視野で見た時に自分たちが異常であるという事に気が付きません。

 

また、こういう異常な合宿を行うような会社は、合宿中に外部と連絡が取れないように携帯を没収してしまうところがほとんどです。

もし外部と連絡を取られてしまえば「自分たちは異常な事をやらされている」という事に気付かれてしまいますし、冷静さを取り戻されてしまいますからね。

合宿の内容が異常なものであったとしても連絡手段がなければ誰にも相談することが出来ませんから、会社は携帯を取り上げる事で社員を精神的に追い込みやすくしているという事です。

 

そうやって少しづつ社員を洗脳していき、会社が扱いやすい都合の良い存在へと調教していくわけですね。

 

4、給料が出ない、または最低賃金以下で行われる研修

研修中に給料が出なかったり、最低賃金以下の給料しかくれないような会社は確実にブラック企業です。

研修期間中の会社の違法行為としては大きく分けて以下の3つが挙げられ、

  • 研修中に全く給料が出ない
  • 研修中は最低賃金以下の給料しかくれない
  • 自分の給料から研修費が引かれている

 

場合は全て違法です。

研修中であろうと給料は最低賃金以上は支払わなければならない事になっていますし、研修費は会社が負担しなければなりません。

たとえ、「君を教育するのにお金が掛かったんだから、自分で払うのは当たり前だよね?」等と言われたとしても騙されないでください。

 

業務を行う上で必要な研修を会社の指示で受けた場合は、その費用は会社が支払う必要があります。

 

悪質な新人研修を行う会社はブラック企業

もしあなたが入社した会社がこのような研修を行ってきた場合、確実にブラック企業ですので冗談抜きで早く辞めた方がいいです。

続ければ続けるほど徐々に洗脳されていき、使い物にならなくなるまでこき使われるだけです。

いずれ完璧に洗脳され、ただ会社のために尽くすだけの存在へと成り下がります。

自分の健康を犠牲にして会社に滅私奉公しても、身体を壊して人生も壊れるだけです。

 

もう少し様子を見てみるのも一つの手ですが、洗脳されないようにだけは気を付けてください。

 

洗脳される前に転職した方がいい

ブラック企業に洗脳されてしまえば、文字通り死ぬまで働かされ、使い物にならなくなったら捨てられます

 

そうやって会社を放り出されたとしても、後に何も残りません。

 

ブラック企業は社員の成長など考えておらず、ただ「都合が良いように動いてくれれば良い」としか思っていませんから、なんのスキルも身についていない状態で捨てられてしまうわけですよ。

そうなれば転職しようにも難しいですし、今よりも歳を取っている状態なため圧倒的に不利になってしまいます。

さらにうつ病になんてなろうものなら、最悪数年間は働けなくなると思った方がいいでしょう。

 

そういった最悪の状態になってから後悔しても手遅れですから、まだ入社したばかりの今のうちにさっさと会社を変えた方がいいです。

入社して3ヶ月以内であればたとえ退職したとしても履歴書にその事を書く必要もないですし、転職は若ければ若いほど有利です。

今、思い切って行動するか、後回しにして洗脳されて使い潰されるかで将来は大きく変わってくるでしょうね。

 

転職エージェントを使えば転職は簡単ですし、行動するかしないかの違いだけです。

 

転職エージェントは、職務経歴書の作成から面接対策、さらにあなたにマッチする求人を無料で紹介してくれるので、基本的に流れに沿って進めていくだけです。

転職エージェントはきちんと紹介する会社の求人を精査していますから、再びブラック企業に入社してしまう事はまずありません。

在職中でも登録や相談が可能ですし、利用も無料ですから気軽に使ってみましょう。

 

また、いくら会社としてはホワイト企業だったとしても、「会社の社風が合わない」というのも問題です。

なので私は、自分に合った社風の会社を見つけるためにキャリコネというサイトを使っていました。

キャリコネは色々な会社の口コミが見られる掲示板のようなもので、実際にその会社に入社した人が会社の雰囲気や上司の事、給料の事などを思い思いに書き込んでいます。

例えば、

  • 「一部高圧的な上司がいるが、全体的には穏やかな雰囲気」
  • 「体育会系の会社で辞めたいけど、給料は良い」
  • 「仕事は大変だが、やりがいがある」

 

など、色々な口コミを見る事が出来ます。

口コミは何か物を買う時にもかなり参考になりますし、会社を探す時だってそれと同じです。

私はリクルートエージェントで私に合った求人を紹介してもらった上で、キャリコネを使ってその会社の口コミを調べていましたね。

やはり会社というのは長く続けていくものですから、入る前にきちんと調べておかないと「結局合わずに転職・・・」なんてことになってしまいますから、入る前の下調べが一番重要です。

キャリコネの利用も無料ですから、こちらも合わせて使っていくのが良いでしょう。

 

まとめ

ブラック企業が行う新人研修は洗脳を目的としているため、続ければ続けるほど会社にとって都合が良いだけの存在になってしまいます。

ですが、逆に考えてみれば新人研修という早い段階でブラック企業の判断が付けられてラッキーだとも言えますね。

もしあなたが入社した会社が上記に書いたような悪質な研修を行うブラック企業であった場合は、本当に早く辞めた方がいいでしょう。

 

ただ、ブラック企業だとそもそも辞めたくても辞めさせてくれない場合が多いです。

上司に「辞めます」と言っても、「辞める?そんな事許されるわけないだろ」みたいに言われたり。

私の前社もそうで、上司が頑なに退職届を受け取ってくれなかったんですよね。

さらには、私を説得するために家の前まで押しかけてきたんです。流石にあの時はゾッとしました。

私は退職代行サービスを使う事でなんとか辞める事が出来ましたが、逆に言えばブラック企業を辞めるためにはこういったサービスを使うしか無いように思います。

退職代行サービスについては下記記事でまとめていますので、合わせて参考にしてください。