転職は癖になる?むしろスキルアップや給料などの待遇向上を目指すためにも転職は必要

電話をかける若い女性

よく、転職は癖になるという言葉を耳にしませんか?

どうやら、一度転職してしまうと「もっといい会社があるはずだ」と思うようになり、さらに転職を繰り返してしまう・・・といった理論のようです。

しかし、これの何がいけないのでしょうか。

実際、もっといい会社はあるはずで、より良い環境を目指すことはむしろ良い事。

でも、こういった理論を振りかざす人は「転職を繰り返すにつれどんどん待遇が悪くなっていく」という考え方のようです。

果たして本当にそうでしょうか?

確かに、なんのスキルも身についていない状態で短期の転職を繰り返すのは、パワハラなどの例外を除き良くないと言えるでしょう。

ですが、自身のキャリアアップのために「今の会社で大体のスキルを学んだから転職してステップアップしよう」というのはより高待遇を目指すには必要なことなんですよ。

大体こういった「転職は良くない」と言う人のほとんどが転職したことがないか、1度や2度しか転職してないのにも関わらず全てを知ったような顔で話している場合がほとんどなんですよね。

 

転職すれば待遇は良くなる

結論から言えば、スキルを身につけた上で転職するのであれば給料などの待遇は上がります。

給料というのは転職するのが1番上がりやすく、逆に言えば転職しない限り給料は頭打ちになるんですよ。

会社って、今いる人に対して余程のことがない限り大幅な給料アップはしないんですよね。

 

その理由は、「今の給料のままでも辞めないから」です。

 

そのままでも働き続けてくれているのに、わざわざ会社の利益が減るようなことはしないという事。

いくらその会社でスキルアップしようが、給料は対して上がりません。いわば過小評価されている状態なんです。

だから、転職してより給料アップを目指すことが重要だし、それは自身のスキルアップにもつながります。

 

転職であれば選考の際に今あなたが持っているスキルを絶対的に評価するため、正当な給料が支払われるようになる=給料が上がるということ。

 

「転職は悪だ」と言う人は時代の変化に気がついていない

転職に対して悪く言う人は、語弊を恐れずいうと「時代遅れ」

終身雇用の幻想を引きずっているのでしょうが、考えが古いままです。

そもそも1つの会社で定年までという価値観自体、大企業にしか当てはまらないでしょう。

今の時代、中小企業で長く働いていても給料なんて対して上がらない時代になっているんですよ。これはみんな痛感しているはず。

昔だったら中小だろうが定年近くまで働いていれば大きな年収アップが出来ていましたが、段々とそうではなくなっているんです。

むしろ、大企業すら潰れている時代ですよね。

長く働いていれば大きく給料が上がっていく時代ではないからこそ、転職が必要なんですよ。

そういった時代の流れすらも読めない人たちが上記のような「転職は悪」説を流しています。

 

1つの会社だけで身につけられるスキルには限界がある

スキルアップの面で考えても、転職は有効です。

なぜなら、1つの会社で学び続けたところでどうしても限界があるんですよ。

この世のありとあらゆる仕事を網羅した会社なんて存在しないため、1つの会社で学べるものには限りがあります。

そして、スキルというものはその会社で5年〜10年働けば大体のものは習得出来ます。

この期間は初めて触れるものも多く、様々なものを吸収出来るでしょう。

ですが、それ以上はどうしても伸び代が悪くなるんですよ。段々ルーチンワーク化していくんです。

真新しいものなんてほぼなくなり、大体は知っているようになる。

だから、転職が必要なんです。

会社を変えれば学べるものはまた大きく増えますし、会社それぞれに独自のやり方や技術というものが存在するため新しい会社では新たなスキルが習得出来ます。

「転職は悪」とか言っている人はこうした事実に気がついていないんですよ。

それか、「今の会社の仕事内容は大体把握してるから毎日楽だわ。転職なんてしたら新しいこと覚えなきゃいけないし面倒」とか向上心のかけらもない人でしょうね。

自分に向上心がないからといって、それを正当化するために「転職は悪」説を自身げに語るのはただの身の保身でしょう。

こういう人って、いざ会社が倒産したらどうするつもりでしょうか。

1つの会社でしか経験したことがない井の中の蛙よりも、様々な会社で働いた事がある経験豊富な人材の方が重宝されることは間違いありません。

 

人間関係の向上も攻めの転職

他にも、人間関係が悪くて転職したいという人もいるでしょうが、これも攻めの転職です。

というのも、職場での人間関係が悪ければどうしても仕事への意欲が削がれスキルの習得効率が悪くなるんですよね。

それに上司や部下が最悪な人間であれば、毎日疲弊してしまうものです。

人間は環境に大きく左右されるもので、悪い環境であればかなりの悪影響を被ることは間違いないんです。

実際、人間関係を理由に転職する人は転職理由の1位を占めています。

これを「逃げ」だという人もいますが、むしろ逃げで結構といったところ。

逃げずに最悪な環境の職場で耐え続けたところで何かメリットでもあるんですかね?さっさとより良い環境の職場に転職した方がのびのびと働けますし、仕事の効率も上がり圧倒的にスキルアップしやすいのに。

 

環境をリセットするための転職というのは攻めであり、自分自身にとってプラスに働くことは間違いありません。

 

転職で給料アップとスキルの向上を目指せ!

高待遇とスキルアップを目指すために転職をすることは、今の時代当然のように必要になってきている事です。

より良い環境を目指すためにも、転職活動をする際は転職エージェントを活用するのが良いでしょう。

様々な求人からあなたにあったものを紹介してくれますので、確実な待遇アップが見込めるからです。

その他にも面倒な書類の作成から面接対策、給料の交渉なども行ってくれるため転職活動がグッと楽になります。

選ぶ基準としてはやはり大手であるべきで、有名なものとしてはリクルートエージェントが挙げられます。

知名度もNo.1なので聞いた事がある人も多いはず。

他のエージェントと比べ求人の数や転職成功実績も桁違いなのでリクルートエージェントを選んでおけばまず間違いないです。

自分1人だけであれこれ転職活動をするのも良いですが、こういった無料のサービスを上手く活用することでより良い環境を手に入れられる確率が上がるため、上手く利用してください。