在職中か退職後、どっちで転職活動をするのが良い?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

転職活動は在職中と退職後のどっちがいいの?

転職活動をする際、「今の会社に勤めながら転職する」という方法と、「今の会社を辞めてから転職する」という方法の2通りがあります。

どちらにもメリットとデメリットが存在するため、自分に合った方法を選択していくことになります。

 

【在職中に転職活動】今の会社に勤めながら転職するメリット

まず、在職中に転職するメリットですが、一番はやはり「転職に失敗したとしても収入源を失うことはない」ということでしょう。

転職活動は必ずしも上手くいくとは限らず、どこにも受からなかったり、自分の気持ちが変わったりして「やっぱり転職は諦めよう」となる場合も当然あります。

そうなった時に、在職中の転職活動であれば転職を諦めたとしても仕事を失うことはありません。

  • 「転職活動を進めていくうちにやっぱり今の会社の方がいいと思った」
  • 「転職先が決まらず、今の会社で続けていくことにした」
  • 「色々な会社を見ていくうちに、今の会社の方が合っていると気がついた」

 

など、「いつでも方向転換が可能である」というのが大きなメリットで、要は逃げ道を用意しておくことが出来るわけです。

今現在貯金が全くなかったとしても今の会社からの給料が保証されているため、精神的にも余裕を持って行動出来るというメリットがありますね。

お金の余裕は精神的余裕にも繋がりますし、転職活動でよくある失敗である「貯金が減っていく焦りから手当たり次第に応募して転職先を決めてしまい、自分に合わない会社に転職してしまった」という事態を防ぐことが可能です。

 

【在職中に転職活動】今の会社に勤めながら転職するデメリット

在職中に転職活動をするデメリットとしては、何よりも時間の無さというものが挙げられます。

当然、普段は仕事をしているわけですから転職活動に割ける時間は休日や平日の仕事終わりなど限られてくるということが難点です。

今の会社の仕事の忙しさにもよりますが、長時間労働などの激務である場合はなかなか時間が取れません。

それに、普段の仕事の疲れから転職活動をする気力も低下してしまう恐れもある上、面接の際にもそれが伝わってしまう可能性もあります。

平日の仕事終わりの疲れた体に鞭を打って求人を探し、休日を潰して履歴書を書き、有給をやりくりして面接に行くなど、体力的な負担は相当なものですからね。

今の会社の業務も転職活動もどちらも中途半端になってしまう可能性があり、転職という人生を大きく変える行動でそれというのはかなりのリスクが伴うことになります。

 

お金の余裕とは引き換えに気力と体力の余裕がないという部分が、在職中に転職活動をする大きなデメリットです。

 

【退職してから転職活動】今の会社を辞めてから転職するメリット

今の会社を退職してから転職活動をするメリットとしては、やはり体力的に余裕がある状態で行えるという点でしょう。

平日にも面接に行けますし、求人探しや履歴書を書く時間も山ほどあるわけですからね。

 

たっぷり時間をかけて求人を精査することが出来るため、転職後もより自分に合った会社に入りやすいです。

 

会社に勤めていなければ朝早く起きる必要もないですし、満員電車に揺られることも、上司に叱責されることも、激務に追われることもありません。

要は毎日が自由な状態なわけですから当然疲れるということはなく、体力的にも余裕を持って転職活動をすることが出来るというのが大きなメリットです。

 

【退職してから転職活動】今の会社を辞めてから転職するデメリット

今の会社を辞めてから転職活動をする際のデメリットとしては、上記でも少し触れましたが「焦り」が出て来やすいという点です。

貯金が大して無いような状態で辞めてしまえば当然「貯金が底をついたらゲームオーバー」を意味するため、刻一刻とタイムリミットが迫ってきているように感じ、焦りが出てきます。

それに、世間の目などの世間体の問題から「無職」という期間が長引くことを避けたいという気持ちもあるでしょう。

「早く就職先を決めなければ」という焦りは転職面接の際にも出てしまいやすく、余裕がない状態に陥りやすいです。

「大して興味のない会社だけど、とりあえず受かったからそこに入社する」と安易に転職先を決めてしまえば、当然自分に合わない会社に入ってしまう場合が多く、結局また転職するという事にもなりかねません。

そうなれば、在職中に転職活動をやった方がよっぽどマシだったということになるわけです。

 

貯金が底をついてしまえばアルバイトをするしか無くなってしまいますので、会社を退職してから転職する場合はまず最優先で貯金をしておくということが重要になってきます。

目安としては、1年間は無職でも余裕で生活できるレベルの貯金をしておくべきで、1人暮らしであれば大体200万円くらいです。

そんなに貯金出来ないという人であれば、最低でも自己都合退職で失業保険が給付される3ヶ月間は生きられるくらい(大体60万円程度)は用意しておいた方がいいでしょう。

 

在職中と退職後、よりベストな転職活動方法はどっち?

「今の会社に勤めながら転職する」、「今の会社を辞めてから転職する」という2つの場合のメリットとデメリットを見てきましたが、私が思うに、よりメリットがあるのは今の会社を辞めてから転職する方です。

貯金さえ用意しておくことが出来れば体力的にも精神的にも余裕を持って転職活動ができる訳で、これ以上の方法はないでしょう。

「無職」というステータスさえ容認することが出来れば余裕を持って転職活動を行うことができ、求人をしっかり精査してより自分にあった会社に入ることが可能ですからね。

 

まとめると、無職になりたくないという人や今の会社で続けるということも視野に入っているという人は在職中に転職活動を行うようにし、それ以外であれば今からでも貯金をし、会社を退職してから転職活動を行うようにするのがよりベストな選択だと言えます。

 

転職エージェントを活用すれば楽に転職できる

在職中に転職活動をする人も、退職後に転職活動をする人も、どちらもやっておきたいのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントはあなたに合った求人の紹介から履歴書の作成、面接対策なども行なってくれるため、転職活動がグッと楽になるサービスです。

在職中であってもこういったサービスを活用することで負担を大幅に軽減することが出来ますし、退職後の転職活動であってもより早期に次の就職先を得ることが可能になります。

求人を出している会社が費用を負担しているため利用にあたって料金は一切かかりませんし、土日や祝日にも対応してくれますからね。

キャリアプランも1人で考えるのには限界がありますが、プロの目線から分析してもらうことで自分では気が付かなかったキャリアが見つかる可能性もあります。

それに、転職エージェントが紹介している求人はブラック企業を除外していますから、入社後に後悔してしまう可能性も下げられます。

 

何より、転職にかかる手間を大幅に削減出来るという点が大きなメリットでしょう。

私も過去に転職した際に利用しましたが、かなり楽に転職活動を進めることが出来ましたからね。

また、今は人手不足で会社も採用に積極的ですが、これからまた氷河期時代に入ってしまう可能性も当然あります。

つまり、内定を得やすい今がチャンスだと言えますね。

エージェントを選ぶ基準としては業界大手であるべきで、私はリクルートエージェントを利用しました。

知名度もNo.1で求人数も圧倒的ですので、これを選んでおけばまず間違いないでしょう。

対応もかなり良く、実際に私も転職に成功したので利用して本当に良かったと思っています。